» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 京都・東京ギャラリー » 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー
» 第61回展示「季節を愛でる袱紗 ふろしき展」

第61回展示「季節を愛でる袱紗 ふろしき展」

第61回展示
「季節を愛でる袱紗 ふろしき展」

2020年1月6日(月)〜3月19日(木)

袱紗は贈答品に掛けられ、隔絶された空間を作り出し、贈る品が穢れのない清らかな状態を保つための道具ですが、同時に表現された意匠は贈る側の情意を表すものとなります。受け取る側は、袱紗の意匠を見ることによって贈る側の気持ちが伝わる、袱紗の意匠はそういった役割を持つものです。
 本企画展に展示された宝船、雛人形、菖蒲、菊花、折々に咲く花、その他が描かれた袱紗は、日本人にとって季節を感じさせるものばかりであり、様々な季節の贈答に使用されたものです。同じモチーフでもその描き方は実に多様で、刺繍や友禅などの技法を用いて実に豊かに表現されていることが見て取れます。それらはまさに日本人の持つ季節のイメージであり、美意識の表れであるといえます。今般の企画展において、その美的世界をお楽しみいただけると幸いです。

前回の展示

京都・東京ギャラリーに戻る

京都・東京ギャラリーのトップページに戻ります。


京都 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー詳細

ギャラリーの連絡先、営業時間、地図などはこちらをご覧ください。


以前の展示情報を表示