» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 京都・東京ギャラリー » 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー » 第36回展示「世界のふろしき 〜西アジア・中央アジア編〜」

第36回展示「世界のふろしき 〜西アジア・中央アジア編〜」

第36回展示「世界のふろしき 〜西アジア・中央アジア編〜」

平成23年9月12日(月)〜12月8日(木)

風呂敷は物を包むための布帛である、というのは日本人にとって周知のことです。かつて風呂敷は日本独自のものであるという認識もされていた時代もありました。しかし、視野を広げてみるとものを包む用途に布帛を用いることは日本に限らず世界中で見ることが出来ます。これまで弊社は商品開発を目的として様々な染織資料を蒐集して参りました。その中でも世界各地の"包み布"のコレクションは二百点を超える物があります。それらは同じ"包み布"といっても様々な国々の特徴が表れ、非常に興味深い資料となっております。

今般の企画は、トルコ・シリア・イラン・アフガニスタン・ウズベキスタンの風呂敷を現地の写真や解説と共に展示致します。風呂敷との共通項や違いをお楽しみいただけましたら幸いでございます。

前回の展示次回の展示

京都・東京ギャラリーに戻る

京都・東京ギャラリーのトップページに戻ります。


京都 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー詳細

ギャラリーの連絡先、営業時間、地図などはこちらをご覧ください。


以前の展示情報を表示