» 風呂敷(ふろしき)・袱紗(ふくさ)宮井 トップ » 京都・東京ギャラリー » 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー » 第30回展示「季節の袱紗・ふろしき展」

第30回展示「季節の袱紗・ふろしき展」

第30回展示「季節の袱紗・ふろしき展」

平成21年10月1日(木)〜12月11日(金)

袱紗は贈答品に掛けられ、贈る品が穢れのない清浄な状態を保つための道具ですが、袱紗に表現された意匠は贈る側の情意を表す役割をもちます。
 そのため袱紗に表現される意匠は周知の題材が選ばれることになり、季節の贈答で使用される袱紗の意匠は宝船、羽子板、雛人形、菖蒲、菊花、その他折々に咲く花など、日本人にとって目にすると季節を感じさせるものばかりです。
 また、贈答品を包んで持参するふろしきも同様に、表現される意匠はその場面に適したものが選ばれます。
 日常と離れた晴れの場で使用される道具類に施された意匠表現は、刺繍、友禅、絞りなど様々な技法が用いられ、日本人が培ってきた季節のイメージを表現したものです。
 今般は正月、五節句、盆、収穫祭など四季を雅やかに彩った贈答儀礼において表現された情意と、染織工芸の美的世界をご覧頂き、お楽しみいただきたいと存じます。

前回の展示次回の展示

京都・東京ギャラリーに戻る

京都・東京ギャラリーのトップページに戻ります。


京都 宮井 ふろしき・袱紗ギャラリー詳細

ギャラリーの連絡先、営業時間、地図などはこちらをご覧下さい。


以前の展示情報を表示